オカメのほっぺ

どのほっぺちゃんも、み~んな可愛い!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2羽めちゃん誕生

昨日はあんなことになってしまい、いったい2羽めはどうなるのか・・と不安な気持ちで眠りにつき、今朝は6時すぎに様子を見に下へ降りました。
するといつもは止まり木で眠っているふくちゃんがいない。
巣箱の中にいるらしい。
むむっと思って巣箱のフタのすきまからのぞいてみると・・
2羽めちゃんが誕生していました。
ももんは、おなかの下からはみだしてきたヒナちゃんをやはり転がそうとしていて、一瞬目の前が暗くなりました。
私があまりのぞくと、よけいももんの刺激になってしまうような気がして、さっと離れ音で確かめることにしました。

ももんはじきに落ち着いて(たぶんヒナちゃんがおなかの下に入っていったのかな?)、しずかな時間が5分、10分・・
ぴっ、ぴっ、とまたヒナちゃんの声がして、あぁまた転がされちゃうのかな・・でもまだ昨日の1羽めちゃんより声は大きいな、1羽めちゃんは鳴く元気もなかったから・・などとグルグル考えていたら、さらに10分後くらいの「ピッ、ピッ」のあと「ピピピピッ」と餌をもらうときの声が聞こえて・・
どうやら、やっとももん、ヒナちゃんには餌をあげるということを分かってくれたみたい?!
その後も10分おきくらいに「ピピピッ」とかなり長く聞こえ・・
なんとかひとヤマ越えたのかな?
ももん、巣箱からも出てきて、ゴハン食べていました。
ヒナちゃんにいっぱいゴハンあげてくれるといいな。
・・あとはふくちゃん、しっかりヒナちゃんの面倒みてくれれば心強い。

ももん、はじめてのヒナちゃんでどうしたらいいのか分からなかったのかな・・
1羽めちゃん、よく見たら産毛真っ白でした。
ホワイトフェイスだったのか・・
ふくも、ももんも片親がホワイトフェイスだから、スプリット持ちだったんだ。
私は「パステルフェイスはホワイトフェイスに対して優性」ってことばかり思っていたから、ホワイトフェイスの可能性に気づいていなかったんです。
1羽めちゃんのことを忘れないために、産毛をすこし切って、とっておくことにしました。
ごめんね、1羽めちゃん。
助けられなかった・・
でも、ふくとももんの初ヒナちゃんとして生まれてきてくれてありがとう。
虹の橋で待っていてください。
スポンサーサイト

1羽めちゃん、ダメでした・・

夕方に孵化した1羽めちゃん、生まれたのに気づいたのは6時過ぎだったのですが、そのあとサッパリゴハンをもらっている様子がない。
「たまご命」のももんは、ヒナちゃんの出現になんだか落ち着かない様子でそれでも抱卵をつづけてました。
ふくはヒナが気になるのか、しきりに中に入ったり、外からのぞきこんだりしてるけど、ゴハンをあげるまでには至ってない・・
私達の夕食時間ころになると、巣箱からももんの暴れる音がゴトゴト聞こえてくるので、フタをあけてみるとももんがヒナを転がしまくっているんです。
かじったり突ついたりはしていないけど、これでは死んでしまう!と慌ててヒナちゃんを取り出しました。
動いているけど身体は冷えてしまっていたので、ドライヤーの温風で暖めて、少し挿し餌をしました。
かろうじて、あぐあぐと飲み込んでくれて少し安心したものの、この後巣箱には戻せそうもないし、どうしたものか・・と考えながら、もう一度ドライヤーで身体を温めていました。
そうしたら、ヒナちゃんが身をよじっているうちに(体力が落ちているのかなかなか立ったままの格好でいられない)私のてのひらで転がってしまい、起き上がろうともがいている一瞬のうちに、鼻から挿し餌の水分がぷぅっと出てきて・・
あっという間に動かなくなってしまいました。
窒息だ!と思って、どうしたらいいのか分からないまま、人工呼吸のように口と鼻を吸ってみたりしたけど・・
そのままよみがえることはありませんでした。

なんとなく前途多難な予感はしていたものの・・
目の前で、しかも自分のミスで死なせてしまったと思うと言葉も出ず・・
どうしてちゃんと立たせた格好で包んであげなかったのか?
前日、それに関する文章を読んだばかりだったのに。
「せっかく生まれてきたのに、さみしすぎる」と4歳の息子にも言われ、なんて可哀想なことをしてしまったんだろうと・・

けれど、明日にも生まれるかもしれない2羽めのことを思うと、このままふくとももんに任せていいのか?
かといって人口育雛なんて自信がなさすぎる・・
考えがまとまらないでいます。

生まれそう~~!

ここ2~3日、検卵していませんでした。
ふく・ももんのペアが、一生懸命に抱卵しているようで実は少々ヘタっぴなのでは?とギモンを持ち続けてここまで来たけれど、いま現在わたしが手伝えるようなことはないし・・
と、運を天に(?)まかせるような気持ちでいました。
検卵したところで、私が無意味に一喜一憂するだけのような気がして(笑)

でも順調ならばあと2~3日で孵化を迎えるわけで、今朝ひさびさに卵を手にとってみました。
すると・・
中から「チッチッ」と声が・・!!
よ~く見ると、卵のなかからヒナがつついた跡がある!
(盛り上がってヒビが入るので、普通のヒビとはぜんぜん違うのです)
3個めと4個めの卵、どちらも同じ状況です~~
これは・・生まれるのね?!
DSCN1030.jpg

じゃっかん声の大きさに差があるものの、ほぼ同日に孵化するのでは?という感じです。
明日かな?あさってかな・・?

新1年生の娘が「ヒナちゃんが2羽生まれる夢をみたよ~カゴの外でよちよち歩いてた♪」と言っていたことが本当になるのかも?!
(ちなみに娘は霊感などは皆無と思われ・・)
ドキドキしてきました。
昨年も、2号ちゃん(現在うちにいるニコ)の育ちが悪くて右往左往した私だけど、今年はどうなるか・・
しつこいようだけど、不安と期待がいっぱいです~~

ジャンル : ペット
テーマ : おかめ大好き♪

卵のあたたかさ

札幌は寒いです~~
昨日はすこ~し暖かかったんですけどね・・

そんななか、ふくとももんの巣引きの様子はというと。
1個めはどうやら成長が止まってしまったようです。
(こういうのを中止卵というのかな?)
血管がのびてはいたものの、そこから動きがありません。
3個めと4個めはどうにか育っていっているよう。
5個めは透明なままなので、おそらく無精卵なのでは・・
という感じです。
このまま上手くいけば、5月はじめには2羽のヒナちゃんが見られるかも??

心配といえば、たまごの暖かさかな・・
昨年の、ゆき・ゆずペアの卵たちは、「熱い」くらいポカポカしてたのに、ふく・ももんの卵は「ほんのり」あったかい程度。
こんなものなのかしら・・
朝なんか、私の餌換えが待ち切れないときなどは2羽とも巣箱から出ていて、卵をさわると冷え冷えだったり。
DSCN0994.jpg

今朝は、私が見に行くとももんはまだ抱卵していたんだけどね。
それでもさわると「ほんのり」なんだなぁ~

画像は、ちょっと一息の2羽。
めずらしく止まり木でカキカキし合って。
この頃は、巣箱のなかでイチャイチャしてるらしい、ふくとももん。
昼間は2羽で一緒に抱卵していることも多いのです。
フタのすき間からのぞくと、どうやら2個ずつ分け合ってあたためているらしい・・
どうも、おっとりマイペースな感じで、飼い主はハラハラしちゃいます。

ジャンル : ペット
テーマ : おかめ大好き♪

産卵は終わりかな?

DSCN0964.jpg

ももんのたまご、どうやら5個産んだところで止まったようです。
画像は4個、1個割れてしまいましたので・・
ところで、この画像の一番うえが5個目のたまごで、まだ有精卵と確認できないたまごです。
よ~~く見ると、そのたまごだけ透明感があるため、画像ではオレンジっぽく見えませんか?
下のたまごたちは有精卵確認をしていて、少しずつ光を通さなくなっています。
そのため、ゆでたまごのように、少し黒ずんだふうにも見えます。

DSCN0955.jpg

こっちは少し前の画像なんだけど(5個目を産む前)、ももんが転卵をしているところ。
転卵・・というか、たまごをかき集めて抱こうとしているんだけど、なかなか集まらないの(汗)

なんせ一生懸命、抱いているのでなんとか、1羽でもヒナちゃんが誕生しないかな?と思ってます。
予定では27日頃だと思うんだけど・・
どうなるでしょうか。

ジャンル : ペット
テーマ : おかめ大好き♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。