オカメのほっぺ

どのほっぺちゃんも、み~んな可愛い!

2羽めちゃん誕生

昨日はあんなことになってしまい、いったい2羽めはどうなるのか・・と不安な気持ちで眠りにつき、今朝は6時すぎに様子を見に下へ降りました。
するといつもは止まり木で眠っているふくちゃんがいない。
巣箱の中にいるらしい。
むむっと思って巣箱のフタのすきまからのぞいてみると・・
2羽めちゃんが誕生していました。
ももんは、おなかの下からはみだしてきたヒナちゃんをやはり転がそうとしていて、一瞬目の前が暗くなりました。
私があまりのぞくと、よけいももんの刺激になってしまうような気がして、さっと離れ音で確かめることにしました。

ももんはじきに落ち着いて(たぶんヒナちゃんがおなかの下に入っていったのかな?)、しずかな時間が5分、10分・・
ぴっ、ぴっ、とまたヒナちゃんの声がして、あぁまた転がされちゃうのかな・・でもまだ昨日の1羽めちゃんより声は大きいな、1羽めちゃんは鳴く元気もなかったから・・などとグルグル考えていたら、さらに10分後くらいの「ピッ、ピッ」のあと「ピピピピッ」と餌をもらうときの声が聞こえて・・
どうやら、やっとももん、ヒナちゃんには餌をあげるということを分かってくれたみたい?!
その後も10分おきくらいに「ピピピッ」とかなり長く聞こえ・・
なんとかひとヤマ越えたのかな?
ももん、巣箱からも出てきて、ゴハン食べていました。
ヒナちゃんにいっぱいゴハンあげてくれるといいな。
・・あとはふくちゃん、しっかりヒナちゃんの面倒みてくれれば心強い。

ももん、はじめてのヒナちゃんでどうしたらいいのか分からなかったのかな・・
1羽めちゃん、よく見たら産毛真っ白でした。
ホワイトフェイスだったのか・・
ふくも、ももんも片親がホワイトフェイスだから、スプリット持ちだったんだ。
私は「パステルフェイスはホワイトフェイスに対して優性」ってことばかり思っていたから、ホワイトフェイスの可能性に気づいていなかったんです。
1羽めちゃんのことを忘れないために、産毛をすこし切って、とっておくことにしました。
ごめんね、1羽めちゃん。
助けられなかった・・
でも、ふくとももんの初ヒナちゃんとして生まれてきてくれてありがとう。
虹の橋で待っていてください。

1羽めちゃん、ダメでした・・

夕方に孵化した1羽めちゃん、生まれたのに気づいたのは6時過ぎだったのですが、そのあとサッパリゴハンをもらっている様子がない。
「たまご命」のももんは、ヒナちゃんの出現になんだか落ち着かない様子でそれでも抱卵をつづけてました。
ふくはヒナが気になるのか、しきりに中に入ったり、外からのぞきこんだりしてるけど、ゴハンをあげるまでには至ってない・・
私達の夕食時間ころになると、巣箱からももんの暴れる音がゴトゴト聞こえてくるので、フタをあけてみるとももんがヒナを転がしまくっているんです。
かじったり突ついたりはしていないけど、これでは死んでしまう!と慌ててヒナちゃんを取り出しました。
動いているけど身体は冷えてしまっていたので、ドライヤーの温風で暖めて、少し挿し餌をしました。
かろうじて、あぐあぐと飲み込んでくれて少し安心したものの、この後巣箱には戻せそうもないし、どうしたものか・・と考えながら、もう一度ドライヤーで身体を温めていました。
そうしたら、ヒナちゃんが身をよじっているうちに(体力が落ちているのかなかなか立ったままの格好でいられない)私のてのひらで転がってしまい、起き上がろうともがいている一瞬のうちに、鼻から挿し餌の水分がぷぅっと出てきて・・
あっという間に動かなくなってしまいました。
窒息だ!と思って、どうしたらいいのか分からないまま、人工呼吸のように口と鼻を吸ってみたりしたけど・・
そのままよみがえることはありませんでした。

なんとなく前途多難な予感はしていたものの・・
目の前で、しかも自分のミスで死なせてしまったと思うと言葉も出ず・・
どうしてちゃんと立たせた格好で包んであげなかったのか?
前日、それに関する文章を読んだばかりだったのに。
「せっかく生まれてきたのに、さみしすぎる」と4歳の息子にも言われ、なんて可哀想なことをしてしまったんだろうと・・

けれど、明日にも生まれるかもしれない2羽めのことを思うと、このままふくとももんに任せていいのか?
かといって人口育雛なんて自信がなさすぎる・・
考えがまとまらないでいます。

生まれそう~~!

ここ2~3日、検卵していませんでした。
ふく・ももんのペアが、一生懸命に抱卵しているようで実は少々ヘタっぴなのでは?とギモンを持ち続けてここまで来たけれど、いま現在わたしが手伝えるようなことはないし・・
と、運を天に(?)まかせるような気持ちでいました。
検卵したところで、私が無意味に一喜一憂するだけのような気がして(笑)

でも順調ならばあと2~3日で孵化を迎えるわけで、今朝ひさびさに卵を手にとってみました。
すると・・
中から「チッチッ」と声が・・!!
よ~く見ると、卵のなかからヒナがつついた跡がある!
(盛り上がってヒビが入るので、普通のヒビとはぜんぜん違うのです)
3個めと4個めの卵、どちらも同じ状況です~~
これは・・生まれるのね?!
DSCN1030.jpg

じゃっかん声の大きさに差があるものの、ほぼ同日に孵化するのでは?という感じです。
明日かな?あさってかな・・?

新1年生の娘が「ヒナちゃんが2羽生まれる夢をみたよ~カゴの外でよちよち歩いてた♪」と言っていたことが本当になるのかも?!
(ちなみに娘は霊感などは皆無と思われ・・)
ドキドキしてきました。
昨年も、2号ちゃん(現在うちにいるニコ)の育ちが悪くて右往左往した私だけど、今年はどうなるか・・
しつこいようだけど、不安と期待がいっぱいです~~

ジャンル : ペット
テーマ : おかめ大好き♪

卵のあたたかさ

札幌は寒いです~~
昨日はすこ~し暖かかったんですけどね・・

そんななか、ふくとももんの巣引きの様子はというと。
1個めはどうやら成長が止まってしまったようです。
(こういうのを中止卵というのかな?)
血管がのびてはいたものの、そこから動きがありません。
3個めと4個めはどうにか育っていっているよう。
5個めは透明なままなので、おそらく無精卵なのでは・・
という感じです。
このまま上手くいけば、5月はじめには2羽のヒナちゃんが見られるかも??

心配といえば、たまごの暖かさかな・・
昨年の、ゆき・ゆずペアの卵たちは、「熱い」くらいポカポカしてたのに、ふく・ももんの卵は「ほんのり」あったかい程度。
こんなものなのかしら・・
朝なんか、私の餌換えが待ち切れないときなどは2羽とも巣箱から出ていて、卵をさわると冷え冷えだったり。
DSCN0994.jpg

今朝は、私が見に行くとももんはまだ抱卵していたんだけどね。
それでもさわると「ほんのり」なんだなぁ~

画像は、ちょっと一息の2羽。
めずらしく止まり木でカキカキし合って。
この頃は、巣箱のなかでイチャイチャしてるらしい、ふくとももん。
昼間は2羽で一緒に抱卵していることも多いのです。
フタのすき間からのぞくと、どうやら2個ずつ分け合ってあたためているらしい・・
どうも、おっとりマイペースな感じで、飼い主はハラハラしちゃいます。

ジャンル : ペット
テーマ : おかめ大好き♪

産卵は終わりかな?

DSCN0964.jpg

ももんのたまご、どうやら5個産んだところで止まったようです。
画像は4個、1個割れてしまいましたので・・
ところで、この画像の一番うえが5個目のたまごで、まだ有精卵と確認できないたまごです。
よ~~く見ると、そのたまごだけ透明感があるため、画像ではオレンジっぽく見えませんか?
下のたまごたちは有精卵確認をしていて、少しずつ光を通さなくなっています。
そのため、ゆでたまごのように、少し黒ずんだふうにも見えます。

DSCN0955.jpg

こっちは少し前の画像なんだけど(5個目を産む前)、ももんが転卵をしているところ。
転卵・・というか、たまごをかき集めて抱こうとしているんだけど、なかなか集まらないの(汗)

なんせ一生懸命、抱いているのでなんとか、1羽でもヒナちゃんが誕生しないかな?と思ってます。
予定では27日頃だと思うんだけど・・
どうなるでしょうか。

ジャンル : ペット
テーマ : おかめ大好き♪

5個目の卵(計4個)

DSCN0953.jpg

ももん、5個目のたまごを産んで、計4個になりました。
1個め4/6
2個め4/8(アクシデントにより割れてしまった)
3個め4/10
4個め4/12
5個め4/14

この中で、有精卵の確認ができたのは、1,3,4個めのたまご達。
血管が通ってるのがハッキリ見えます。
けどねぇ・・
昨年のゆき・ゆずペアのたまご達にくらべて、すごくたまごの中身の成長が遅いような気がする。
1個目なんて、もう10日経つのに、まだ透けてる部分あるし。
たまごも、さわってみたときのポカポカ感が少ないような気がする。
うまく暖められてないのかなぁ。
このままじゃ、中止卵になってしまうのでは、とこれまた心配が尽きません(汗)

一生懸命あたためてるように見えるんだけどなぁ。
黙って見守るのも難しいものです。

ジャンル : ペット
テーマ : おかめ大好き♪

有精卵かも!

昨日の夕方、チャンスがあったので検卵してみました。
そうしたら・・なんだか影と血管が見える!
1個めと3個め(昨日割れてしまったのは、形からいっておそらく2個めと思われる)が有精卵かもしれないです。
1個目なんて、産卵から1週間経っているからてっきりもうダメだと思ってたのに~
一生懸命あたためているようで、ちゃんと抱けていなかったのかな?
前にのぞいたとき、3個のたまごがてんでバラバラの位置にあって、私が手でまとめてあげたこともありました。

・・ということは、割れてしまった卵ちゃんも本当なら命があったのか・・
可哀想なことしちゃったなぁ。
もうあんなパニックはありませんように。

なんだかまた少し期待する心がムクムクと・・
と思っていたら、あんなに抱卵熱心だったももんが夕食後くらいから巣箱から出ていて、ふくちゃんと久々の交尾。
そのあとエサを食べたり、かまって~とばかりに「ピョルッ」となんども鳴いたり、しまいには止まり木で2羽で寝ちゃってるし~~!!
ちょっと、ちょっと、抱卵放棄ですか?!
いくらなんでも私は卵はあたためられないよ~?
夜10時近くなってきたら私もさすがに焦ってきて、巣箱のフタをあけて「もも、卵だっこは??」と促してみた。
ふくに威嚇されつつ、私も必死(笑)
ももんも、じきに「あらっ、卵ちゃんだわ」って感じで巣箱に降りて、くちばしで卵をくわえて転卵。
(転卵するとこ初めて見た。くちばしで卵くわえて持ち上げたのにはビックリした)
「そうそう、抱っこだよ、夜だからももんの番だよ」とフタを戻したら、なんとかその後は巣箱にお篭もりしてくれた。
よかった~・・
もう、オロオロしっぱなしの飼い主です。

今朝もう一度見たらちゃんと温めていたみたいで、3個の卵がかたまってました(1個め、3個め、4個めね)。
まだまだ、これから抱卵本番です。だいじょうぶかな?
ちょっと不安です。

ジャンル : ペット
テーマ : 小鳥大好き

オカメパニック!!

朝起きたらまず、オカメ達のお世話で始まる私。
今朝、カゴに近寄ったら、ふくの羽が2~3本散らばっているのが見えて、イヤ~な予感とともによく見てみたら・・

ふく@PFパイド(巣引き中オス)は尾羽から少し出血したもよう。
みく@シナモン(独身オス)は無事。
ゆき@WFパイド(昨年のパパ)は風切り羽3枚、出血ナシ。
ゆず@パールパイド(昨年のママ)は風切り羽1枚、出血ナシ。
そして、ニコ@パールパイド(昨年ゆき・ゆずの2号オス)が風切り羽5枚を失って、かなり出血。
カベに点々と血が~

ニコは若いせいもあるのか、パニックになりやすい。
この頃はめったになかったので油断してたのもある。
けど、夜中のパニックでこんなにひどい被害(ケガ)ははじめて。
オカメ用に豆電球はつけてるんだけど、いったい何にそんなに驚いたのか・・
血はもうすでに止まっていたし、本鳥もふだんどおりの様子だったので、とりあえずは安心だったんだけど・・

卵を抱いていた、ももんは相当ビックリしたんだと思う。
巣箱から飛び出したときに卵もひとつ、一緒に転がってしまったらしい・・
卵ちゃん、巣箱の下に落ちて、おおきくひび割れてへこんでいました(涙)
DSCN0941.jpg

2個目か3個目のどちらかだと思う。
可哀想なことをしてしまった。

巣箱のなかの残りの卵が無事か確かめたかったけれど、どうやらももん、4個目の卵を産み終えた直後?と思われ、巣箱から出てこなかったので、チャンスがあれば後ほど確認したいです。
あ、ももん本人は無事です。
エサ換えのあと、巣箱から出てきてピンピンしてた。
ふくが朝食もそこそこに、すぐ入れ替わりで巣箱に入ったところを見ると、たぶん4個目かな?と。
いつもは2羽で一緒に朝食タイムを取っているので。

残りの卵ちゃんは大事に守っていきたい・・
頼むからパニックはこれきりにして欲しいです。

ジャンル : ペット
テーマ : 小鳥大好き

3個め産んだけれど・・

ももん、昨日の午前中に3個めをぶじ産み落としました。
順調に1日おきに産卵してるのだけど・・
今朝、検卵してみたらどうもどれも無精卵っぽい。
昨年ゆず・ゆきペアの卵は3日くらい経つと、卵のおしりの方から光を通さなくなり、それがどんどん大きくなっていってたのね。
けれど、ももんの卵はどれも全体が透き通ったままです。

この後何個くらい産むのか、それも心配だけれど、無精卵かもしれない卵を一生懸命あたためている2羽がなんとも健気に思えて・・
もう少し様子は見ますが、出来ればあと2~3個くらいで産卵はストップしてくれて、その後半の卵がどうなるかな・・と。

今日もなんだか寒い日で、気持ちもちょっとせつなくなっちゃいます。

ジャンル : ペット
テーマ : おかめ大好き♪

2個めの卵

DSCN0935.jpg

ももん@PFシナモン、2個めの卵をうみました。
左上の細長いのが1個め、下のが2個めです。
形も丸っこくなった♪

ももん、卵にすご~く執着があるのか、さっぱり巣箱から出てきません。
24時間中、23時間はももんが抱卵してると思われる(汗)
それでも昼間はふくちゃんも一緒に入ったり(一緒に入って何してるのかは不明)、こまぎれにふくちゃんが抱いたりもしてるんだけど、ほんのちょびっとしか譲ってあげないの。
疲れないのかしら・・
ももんにとっては至福の時なのかしら?

ふくちゃん、ハッキリ言ってヒマそうです。
昼間こそソワソワして巣箱をのぞいたり、陣中見舞い?したりしてるけど(オカメの抱卵基本パターンは、昼間はオス、夜メスが担当するので)、夕方にもなると、もう何にもすることがないんです。
ひとりきりで止まり木に・・なんだか寂しそう~
ふくも、やる気はあるのにね。
DSCN0924.jpg

画像、ピントが合ってませんが・・
フタのすきまから、一生懸命なかの様子を確かめるふく
顔を横に向けてよ~く見ようと必死です。

ジャンル : ペット
テーマ : おかめ大好き♪

1個め、続

DSCN0922.jpg

朝のエサ換え時に、巣箱のフタを外して見てみました。
ちょっと細長めのとんがった卵がひとつ。

ももんは朝までず~っと卵を抱いていた様子。
エサを食べた後は、ふくちゃんが入っていたので交代したのかな、と思ったらどうやらお互い、どちらも卵を温めたいみたい。
ももんはしきりに覗いて入り込み、かたや昼は自分の番と思ってかふくちゃんも譲らず、ももんを巣箱から追い出したりしてる。
少しすったもんだがあって、結局またももんが抱卵。
・・取り残されたふくちゃん、止まり木でちょっといじけてるように見えます。
卵が増えてきたら、ももんふくに交代してくれると思うんだけどね。

ジャンル : ペット
テーマ : オレンジほっぺのオカメちゃん

1個め!!

昨日あたりから、「いよいよなんじゃ?」と思っていたら・・
とうとう、今日の午後にももんが1個目を産卵。
2時半に出掛けたときは、まだだったけれど、5時頃帰宅したら、ももんが巣箱からず~っと出てこない。
これはきっと・・

さきほど(夜9時過ぎ)、やっとももんが巣箱から出てきたので、フタのすきま(わが家の自家製巣箱は、フタの部分に少々すきまがあるのです)から覗いてみると・・
やっぱり!!
1個目の卵ちゃんが真ん中にありました~
えらいね、頑張ったね、ももん

ももんは産卵後、ず~っと抱卵していたので疲れた様子で、止まり木でしばし居眠り。
・・こちら北海道は、今日も吹雪で(!)気温がさっぱり上がらず、ももんに何かあったら、と思うと怖くてストーブも消せません。
せめて暖かく、暖かく・・
なんだかももんが、いかにも「妊婦さん!」って感じでだるそう~に見えるので余計心配になります。

ふくちゃんのパパサポートに期待!!です。
画像は撮れそうなら、朝のエサ換えのときにでも・・
まずは第一報。

ジャンル : ペット
テーマ : 小鳥大好き

ニコっちの春??

DSCN0877.jpg

(ふだん、カメラをめったに向けないのでかなりビビってます・・)

昨年のゆき・ゆずパイドペアの2号ちゃんとして生まれたニコっち。
ヒナのとき、なんだかうまく立てなくて小鳥の先生には「背中が少し湾曲している」と言われていました。
結果、わが家に残留したのですが、ヒナのときの心配がウソのように、見た目も行動も他の子とかわらないくらいの元気っぷり(笑)
・・メスなんじゃないかな~という私の予想は見事にはずれ、日々ろうろうとさえずっております。

そのニコっちも、まもなく1歳を迎えようとしてるのだけど・・
やはりお年頃ですね~
ケージの底壁におしりを押し付け、フリフリ、シャッシャッとやっておりました。
・・それが、昨日の夕食時、誰かが「キュキュキュ・・」と女の子鳴きしている。
巣引き中のももんは、すぐ見える位置だったので違う。
じゃ、ゆずかな?
と見るとぜんぜん違う。
あれ??
とニコを見たら。
「ニコちゃん、なにやってんの? 女の子になってんの??」

わたくし、ちょっと混乱してしまいました。
ニコ、♂だよね?
あんなにピヨピヨうるさいし。ワキッもするし。
パールもちょっと薄くなってきたと思うし。
えーと、えーと・・
「ももんのマネ」かな?
ふだんは、ふく&ももんの隣のケージのニコっち。
いまは、ほぼ正面に彼らの巣引きケージがある。
ず~っと様子は見てたと思う。

マネ、かなぁ。
びっくりしたな~
「まさかメス?!」とか思っちゃった。(←すぐだまされる私・・)
[ 2006/04/05 12:15 ] オカメ | TB(0) | CM(4)

もっと暖かくならないかなぁ

今日は文字だけで更新します~

まず、ふく&ももん、かな~りイイ感じとみた!
1週間後くらいには、ひとつめの結果が出るんじゃないかな?
・・この頃寒いのだけが気がかりです。
ナゼ雪積もるかな?!
しかもそれがスグとけないくらい寒いんだよね・・
最近は夜ストーブ消してたけど、ももんの身体にさわらないよう、部屋を少し暖かめに・・と心がけてます。

みく@シナモン♂は、相変わらずチョコマカしてる。
相変わらず「ふくちゃんっ、ふ~くちゃっ!」と叫んでる(笑)
私が「みく~、みーっく♪」と呼びかけると「ふくちゃっ!」と言いながら頭の中は「???」だらけになってる模様。
自分の名前、わかってんのかなぁ・・

ニコ@パールパイド♂は、若いだけあって声量もある。
だいたい機嫌良くピーヨロピーヨロ言ってるのはニコっち
まもなく1才、パールの部分が薄くなりつつあります。
そうそう、先日「シャッシャッ!」とミョ~な音がするので見てみたら、ニコっち、春がきてました(笑)
お年頃なんだな~

昨年巣引きした、ゆき・ゆずペアは、ふく&ももんの巣引きを目の前にして、もっとアタフタするのかと思いきや、そうでもないらしい。
巣箱に出入りする彼らを見て「自分たちも~~!」となるのかと思ったわ。
この2羽は、昨年春の巣引きからだんだんと距離が縮まってきてます。
ふく&ももんみたいに、べったりペアではないけれど、ゆき♂がゆず♀にカキカキしてあげたり、すこ~し寄り添って眠るようになったり。
ゆきもだいぶ、性格がおとなになったかな。

・・実は今回、ペアをシャッフルしてみようか、なんて思ったりもした。
ももんのヘンな姿勢は直らないし、「ゆき・ももん」「みく・ゆず」にしてみようかと思って、半日カゴ入れ換えしてみたの。
けどやっぱりダメだった。
オカメ達も、それ以上に私も耐えられなかった~
オス達があまりに大騒ぎするので、メス達がかわいそうで。
雑居生活から2羽ずつピックアップするのなら、さほど抵抗ないと思うけど、1年前後同居しているペアを入れ換えるのは、ウチの場合は酷かな、という印象だった。
というか、やるならもっと時間をかけるべきなのかな・・
でもどっちにしても、私はもうペアの入れ換えはしようとは思わないな。

あとは・・
ふく&ももんが、こんなに上手くいきそうになるとは思ってなかったので、巣引きケージをゆき&ゆずにすぐスイッチしようと考えてたのよね。
ふくちゃん達が一段落したら、今度はゆき・ゆず組??
スペースがあれば、同時進行してもいいんだけどなぁ。
[ 2006/04/04 10:58 ] オカメ | TB(0) | CM(2)

今回の巣引きケージ

昨年の巣引きは、ゆき・ゆずがふだん同居しているHOEIの465インコケージでの巣引きでした。
やってやれないことはないけれど、やはり狭さはいかんともし難い感じ。
とくに♂のゆきは、巣を守らねば!という使命感に燃えて、パートナーのゆずにまで攻撃をしかける始末だったんです。
その時、よほどケージを大きいものに変えようかとアレコレ悩んで購入したのが、今回使用しているケージ。
(結局そのときは、ケージは変えずに乗り切ってしまいました)
DSCN0862.jpg

東京ペット(MRペット、とも表記されている・・)のホワイトケイジMです。
本来は犬用のケージなので、小鳥用に使用するのはどうか?とも思ったけど(網目の大きさが)、オカメサイズならば、頭は出てしまうけれど身体までは通らないので、まずは使ってみることにしました。

※もし、同じように使ってみたいと思われている方、予想に反する事故などにコチラでは責任持てませんのでご了承くださいね。
それぞれの飼い主さんの判断で使用されてください!

ちなみに巣箱の大きさは、1×8材で自作した、約22cm×35cm(高さは20cmくらい)。
オカメの巣箱としては、若干コンパクトかもしれません。
ケージの大きさは、私としては丁度良い感じです。

このケージを選んだ理由としては・・
・使わない時期は折りたたんで収納できる
・底に引き出しトレイがついている
の2点が大きかったです。

特に引き出しトレイは、毎日敷き紙を取り替える私にとっては、最重要点。
このケージにはプラスチックトレイに木のスノコがついていました。
木のスノコは、私には不要なので外し、ホームセンターで購入したメッシュ金網を、底の部分にプラスチックタイで12箇所留めました。
底の部分は、このように何か工夫しないと、オカメがすり抜けてしまいそうなくらいの空間がありました。

この底網がわりの金網は、巣箱の重さには耐え切れずにたわんでしまうので、家にあった丸棒を2本渡して、その上に巣箱を置いてあります。
角材のほうが、より安定感があるかもしれないけど、丸棒でもまずは充分な感じです。

扉は、ふくちゃん(画面右端)がしがみついている面に、大き目の開き扉がついています。
引き出しトレイも、このMサイズの場合は、扉と同じ面に引き出されるようになっています。

・・このケージ、ももんにとっては「吉」と出たようです。
というのも、昨日の記事で、初めてまともな姿勢での交尾に成功、と書いたのですが、その理由には、このケージの大きな網目が関係してるように思うからです。
しがみつきたくても、上手くしがみつけない大きな網目のおかげで、ふくとももんの初巣引きに少し希望が見えてきた感じ。

今日はまだ交尾は確認していないけれど、朝から頻繁に2羽が交代で(主にふくちゃん♂が)巣箱に出入りしています。
DSCN0898.jpg

この先どうなるかな?
心配と、ワクワクとで複雑な飼い主です。

巣引きにチャレンジ中

本館サイト「小鳥と庭の実」が更新ままならないでいるのですが・・
これから当ブログにて、わが家のほっぺちゃん達を綴っていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

さて、昨年2005年の春には、ゆき・ゆずペアの(私自身もはじめての)巣引きを経験しました。
(当時の様子は、旧「ほっぺ日記」の2005年5月~6月頃エントリをご覧ください。)

で、今年はまず、ふくとももんのパステルフェイスペアになんとか頑張ってもらおうと、1週間前の3/25に大きいケージに移ってもらい巣箱を設置。
不安いっぱいのスタートです。

・・というのも。
ふくとももん、昨年5月に出会った時から、かなり仲良しではあります。
ふくなんて、もう初めからももんに積極的で。
ももんも、「かいて~」とふくちゃんにカキカキをねだったり、同居もとってもスムーズで、寄り添って眠ったり、カキカキしあったり、私が「オカメペアのラブラブな様子を見たい!」という願いを、いともあっさり叶えてくれたりしてました。
ところが~~!!
ももん、たびたび発情モードになってましたが、その姿勢がなんとも・・
金網に半分しがみつくような格好で、おしりを止まり木に押し付けたポーズで「キュキュッ」となるのです。
ふくちゃん、どうにか乗ろうと試みてましたが、背中に乗っても「ただ乗るだけ」(笑)、とてもまっとうな姿勢にはならないんです。
このももんの「壁にしがみつく」悪癖をどうにか直そうと、止まり木を角材に変えたり、レイアウトを変えたり、しまいには交尾経験のある、ゆき♂に指南願えないかと同居させてみようかと思い悩んだりしましたが、結局コレ!という解決策もなく・・

もう「ダメもとだ!!」と巣箱入れてみることにしました。
そうしたら・・
今日の昼と夕方に、2羽が交尾をしているのを目撃!
しかもちゃんとした格好です~(笑)
これはもしかしたらイケるかも?!
とちょっと期待がふくらんできました。
DSCN0850.jpg

・・頭つきあわせて、お互いカキカキしてもらおうとしている2羽(笑)
ホント仲良しだなぁ~~

みく

DSCN0864.jpg

みく ♂ シナモン
   2004.5~6月頃生まれ

《年表》
2004.7 我が家へ来る

《病歴》
胸のあたりの毛を少々かじり過ぎるクセ有り
[ 2006/04/01 17:24 ] プロフィール | TB(0) | CM(0)

ももん

DSCN0859.jpg

ももん ♀ PFシナモン
    2004.12.13生まれ

《年表》
2005.5 我が家へ来る
     ふくと出会う
2006.3 ふくと初巣引きにチャレンジ

《病歴》
なし
[ 2006/04/01 17:09 ] プロフィール | TB(0) | CM(0)

ふく

DSCN0848.jpg

ふく ♂ PFパイド
   2004.6.8生まれ

《年表》
2004.8 我が家にくる
2005.5 ももんと出会う
2006.3 ももんと初巣引きにチャレンジ

《病歴》
なし
[ 2006/04/01 16:49 ] プロフィール | TB(0) | CM(0)