オカメのほっぺ

どのほっぺちゃんも、み~んな可愛い!

ハジラミ事件

里親さんには個別にご連絡していますが、じつはお知らせしなければならないことが起きました。
タイトルにあるとおり、ハジラミという、鳥の羽根につく虫がヒナ達にいることが判明したんです。

先日お迎えいただいた一人の里親さんより、ヒナの背中に虫のようなものが見えて、病院で診察を受けたところ、ハジラミと診断された、とメールをいただきました。
我が家に残っている5羽のヒナ達を確認したところ、3羽には確実にいて、2羽は私には見つけられませんでした。
翌日、受診し、疑わしい2羽もふくめて5羽全員に、ハジラミを駆除するお薬を塗布する処置をしていただきました。

帰宅後、すでにお譲りをした里親さんにもご連絡をし、それぞれ確認していただいたところ、羽根を広げてすぐにハジラミを確認できた子、飼い主さんには確認できなかったものの病院でいると診断された子、などでした。

ハジラミは、私もネット上で罹った子の経緯など以前に見たことがありましたが、まさか現物を目にすることになるとは思いませんでした。
気付かないまますでにヒナをお譲りしてしまった里親さんの皆様には本当にご迷惑をおかけしまして申し訳ありません・・
なかには先住の子がいるお宅もありまして、移っていないかご心配も大きいと思います。

クリニックの先生の説明によりますと、ハジラミは羽根にしがみついて生活するので、ぴょんぴょん飛び移ることはないそうです。
また人間にも移りません。
ただ羽根づたいに移動するので、鳥同士が密着状態にあると移ってしまうようです。

今回、もこヒナとかりんヒナが巣上げからずっと一緒の状態でしたので、それで全員に移ってしまったのだと思います。
親鳥はこれから受診していきますが、いちばん怪しいのはジルかな、と思います。
昨年お迎えした際に健康診断は受けましたが、ハジラミの数が少なかったか、小さかったかで気付けなかったのかと・・

現在、ジル・かりんは第2弾のヒナを育雛中ですので、ヒナを巣上げしたあとにペア達は受診の予定です。
また、第2弾のヒナ達も移っている可能性があるので、こちらは先生とご相談のうえ、受診と処置を進めたいと思います。

それにしても・・まったく気付けなかった自分に猛反省です・・
里親さんに気付いてもらえなかったら、知らずにさらにお譲りをしていただろうと思うとゾッとします。
スサーっと羽根のばしをしているところも何度も目にしていたのに、虫には気付けませんでした。
今後は1羽1羽、よく確認しなくては・・

つかまえて羽根を広げると、風切り羽に細長い黒いちいさな点がポツポツと見えて、よくよく見ると虫だとわかります。
指先で取ろうとしても、そう簡単には取れません。
取るよりつぶす感じになります。
風切り羽根や、尾羽の付け根付近にいることが多いようです。
羽根の白い子だと確認しやすいですが、グレーの羽根だとかなりよく注意して見ないと気付けないかもしれません。
虫が成長して大きくなると見つけやすいですが、小さい成長途中のものだと見つけにくいようです。
また、鳥自身が羽づくろいの際に、自分で虫を退治してしまうことも多いようです。

鳥の体力が落ちたり、虫の勢いが強かったり、羽づくろいで退治できないと増えていくようです。
すぐに命に関わるわけではないものの、鳥によってはかゆがったり、元気がなくなったりするようです。
どちらにしても居ない方が良いものですよね・・

現在ヒナ達、駆除のお薬によって成虫はすでに見当たらなくなってますが、お薬は卵には効かないので、卵から再び虫が出てこないかを経過観察中です。




今朝のヒナちゃん達・・
何も知らずにご飯を食べてます。
元気にしてくれているのが、まだ救いです。
早く虫が完全に駆除されるといいのだけど・・


左:かりん4、右もこ4。



下からのぞいてる、もこ5ちゃん。
さっぱり一人餌に切り替わらず、ちょっと私も焦ってます。
ほんのちょっぴりだけど、突いてはいるようなんだけどなぁ。



左から、もこ1、もこ4、もこ5。



もこ4ちゃん。ずーっと下向いてご飯食べてて、なんかハッとなったところ。
冠羽がめっちゃシャキーンとなってる。



かりん3ちゃんが写っていないのは、ずーっとスマホカバーをかじっていて、カメラに近寄りすぎているから。
人の手は苦手だけど、おもちゃなんかをかじって遊ぶのは好きなのよね。
[ 2017/06/09 22:48 ] 巣引き2017春 | TB(-) | CM(-)

6/5のヒナちゃん達

第1弾はもう終盤なんですが・・



お迎え待ちの、もこ4ちゃん。
大人のご飯、もりもり食べて、里親さんを待ってます。




なかなか一人餌に切り替わらない、もこ5ちゃん・・
困ったものです~~
里親さん、もう少しお待たせしますね。




こちらはご連絡待ちの、かりん4ちゃん。
いつでも送り出せるのですが・・





第2弾のヒナ達も巣箱で順調に育っています。
目が開いてきました。
お披露目はもうしばらく先になります。

[ 2017/06/05 22:18 ] 巣引き2017春 | TB(-) | CM(-)

ジル・加凛のヒナ達の羽色

まずは、第1弾のかりん2~4の性別鑑定結果が出ました。
なんと全員男の子でした。
かりん1は鑑定していないのですが、オス鳴きらしき様子があるのでおそらく男の子。

となると・・今回のヒナは、
かりんヒナ4羽、全員男の子、
もこヒナ5羽、全員女の子、
という今までにない事に。
こんな事も起きるのね~

さて結果を受けまして、鑑定待ちの皆さんにはそれぞれメールを差しあげています。
その後のお話の流れによっては、さらにお待ちの方へご連絡の予定です。

急でしたが先ほど、かりん2ちゃんがお迎えされていきましたよ。
新しいおうちで幸せになってほしいと思います~




そして2階の鳥部屋では、かりんの第2弾のヒナ達が3羽産まれています。
オカメのヒナは、身体はほわほわの産毛でおおわれていますが、頭はつるっとしています(笑)
白い産毛が、ホワイトフェイスのかりん5。
黄色の産毛が、パステルフェイスのかりん6と7。
この写真でお顔が見えているのは、かりん7です。
かりん6と7、お目目が透き通るような赤目です。
我が家でははじめて生まれたファローのヒナ・・



見比べられるかな?
かりん5の黒目はこんな感じ。見るからに黒々。
ちなみにシナモンだとブドウ目と呼ばれる濃いめの赤色になります。
ブドウ目は成長とともに黒っぽくなっていきます。



そして、かりん7の赤目。肌の色とほぼ変わらない。
大人になってもずっと赤目のままです。
オカメの場合、赤目になるのは、ファローとレセッシブシルバー。





両親です。
左:加凛ママ PFファローパールパイド/wf
右:ジルパパ WFSFDSパイド/flw、pl

今回、かりん2~4の羽色が謎だったのだけど、鑑定でオスってことはシナモンではない。
やはりジルがシングルファクタードミナントシルバーなんだと思います。
ジルの両親はどちらも、SFDS。
SF同士の場合、ヒナはノーマル25%、ダブルファクター25%、シングルファクター50%となる。
SFDSは個体によって濃淡に差が出るのと、パイドだととくに濃淡の特徴が判別しずらくなる。
ジルは見た目からWFノーマルパイド、という元親さんの判断だったわけだけど、その実、ノーマルではなくSFDSだった、ということ。



ジルの背中側。
んーーやっぱりシルバーと言われても私には目視判別はムリだわ。
今までシルバー系を導入しなかったのは、目視判別が難しそう、と思ったからなんです。
やっぱり難しい。ノーマルかシルバーか?って聞かれたらノーマルって答えちゃうわ、この色。
できれば、かりん2~4の羽色も含め、シルバー系にお詳しい方からご意見を伺いたい・・




今回の、ジル・加凛ペアはなかなか衝撃的なヒナを見せてくれました。
ひとつは、ドミナントシルバー。
もうひとつは、ファロー。

ファローは、巣引きを始めた初期の頃から、ずっと出したいと思っていた羽色で、10年前にWFファローパイドのディディをお迎えしたのを皮切りに、ファローspの菜乃花、まふぃん、そして今回の加凛と、トライし続けていました。
しかし加凛ももう4歳半、うちにいるどのオスと合わせてもダメで、もうファローにはこだわらず、とにかく良い伴侶に巡り合わせたい、とそれだけ願ってジルをお迎えし、めでたく今回初ヒナを育てあげたわけです。
もうそれだけで私は良かったんですけど、思いがけずファローが産まれて、なんというか感無量・・
この喜びと驚きを、ジルの元親さんにお伝えしたかったな~
ジルの父親がファローspなので、ジルもpossファローかも、とはお聞きしてたんですが、まったく期待はしてなかったんですよね。
本当におおきなおおきなサプライズプレゼントでした。
[ 2017/06/01 16:31 ] 巣引き2017春 | TB(-) | CM(-)

5/30のヒナっこ達

かりん4ちゃん、差し餌卒業しました~~
切り替わるときはホント突然。
ポリポリしてます。
昨日帰宅したら、見るからにおなかがポンポンでしたよ。
ちょっと食べすぎでしょ、っていうくらい。




もこ1ちゃんと一緒にポリポリ。





もうひとつの餌箱でもポリポリ。






あとは、もこ4(右)、もこ5(左)のお二人さんだな~~
(奥にいるのはかりん4)




もこ4ちゃん(右)、もこ1お姉ちゃん(左)に、もうそろそろ赤ちゃんは卒業よ、って言われてる。





土曜日お迎え予定の、かりん1ちゃん。
小松菜食べて口元が緑色。(写真だとよく分からないかも)




かりん2ちゃんも胸まで緑色。





かりん3ちゃん、キリッとした顔だけど、なぜかお腹が緑色(笑)
(たぶん下に落ちた菜っ葉を引きずりまわしたから・・)




ドタバタな3羽。(左から、かりん2、かりん3、かりん1)






かりん2~4の性別鑑定、今週中には結果が出るかもです。
楽しみだわ~
やっぱりこの子達、シルバー系ってことになるのかしら??
どうなのかしら~~

そして巣箱のかりんヒナ3羽、ふ化しました。
WFパイド系 1羽
PFファローパイド系 2羽
なんとファロー系ヒナの誕生です。
私の10年越しの願いがとうとう実現しました。
このことについてはまた近いうちに・・

里親さま募集は、いちど締め切ります。
第1弾の子達のお話が決まって、第2弾への持ち越しなどハッキリしてから、募集する場合には再度お知らせいたします。
よろしくお願いいたします。
[ 2017/05/30 15:05 ] 巣引き2017春 | TB(-) | CM(-)

もこ4、もこ5、かりん4

下の子3羽もすっかり大きくなったのに、さっぱり一人餌に切り替わりそうにありません・・
ものすごい勢いで差し餌をおねだりに来るので、とにかくもう「わや」です。
わや、は方言なので他の言葉に置き換えたいけど、「わや」としか言いようがない・・


全然じっとしていないので、写真がブレてばかりですが・・
左から、もこ5、かりん4、もこ4。(全員ご予約済)




飛ぶのもだいぶ上手になってきてます。
差し餌のおねだりをしに、最後は必ず私の頭に着地します。




もこ4、シナモンパイド♀(ご予約済)
他の子が飛び立って驚いたところ。
直前まで赤ちゃん鳴きしてました。




もこ5、PFシナモンパイド♀(ご予約済)
着地がうまくいかなくて、ちょっと困り顔。




かりん4、WFパイド(性別鑑定中、♂でも♀でもご予約済)
この子がいちばん手ごわい。他の子の差し餌も強奪しようとする勢い。
差し餌をがっつきすぎて、のど元が汚れちゃってますね。
ダッシュで近寄ってきて差し餌のおねだりをするので、写真撮るのも一苦労。
この子は小柄です。切り替え後の体重、おそらく80g前後になると思われます。




ここ2年ほど、少数のヒナのお世話ばかりだったので、いっきに9羽はなかなか大変。
遊ぶときは小分けにするんですが、全員毎日は難しいですね~
早く鑑定結果がでて、里親さん宅で可愛がってもらえたらいいなぁ。

鑑定については、今回がうまくいけば、次回からはもう少しスムーズにできると思います。
やっぱり皆さん、雌雄のご希望があるので、結局は鑑定待ちになっちゃいますね。
お待たせしておりますが、結果がでるまでもうしばらくお待ちください。
[ 2017/05/27 15:00 ] 巣引き2017春 | TB(-) | CM(-)